自衛隊の訓練できついのは行軍!鈍痛、睡魔、イライラの3点セット

友人たちに言わせると、私の趣味である登山のやり方は「変わっている」そうです。

テントを持たず、山の中で野宿が基本。ときには真夜中であっても、ライト不使用で歩き続けたことも。

さすがに40代の今ではそこまではやりませんが、30代の頃の思い出です。

さて、なぜ私はそんな無茶な登山を趣味としたのでしょうか?

原因は自衛隊の訓練を経験してきたから、といえるでしょう。

私をそこまで「変人」に変えた自衛隊訓練。どれくらいキツかったのかをお話していきましょう。

陸上自衛隊の地味できつい訓練:行軍

陸自訓練で隊員たちがもっとも嫌がるのが行軍(こうぐん)。
※防衛省公式では行進訓練という。

とにかく地味できつい。そのうえじわりじわりと鈍痛が襲ってくるし、その鈍痛が長時間続くのだから、嫌われる理由もおわかりいただけますよね。

なぜ行軍がきついのか。その原因ともいえるワースト3が以下となります。

第3位:ライト禁止の夜間移動
第2位:睡魔との戦い
第1位:肩に食い込む荷物の重み

隊員によって多少の意見の相違もありますが、概ねこんなところでしょう。上記3つは私自身の体験から出たワースト3なんですね。

では第3位からお話していきましょう。

第3位:ライト禁止!地獄の夜間移動

行軍とは歩くこと。

とはいえ、のろのろと数キロ歩いて終わり、というわけにはいきません。しかも歩くのは夜間で、ライトは一切使用禁止なんです。

歩く距離は20~60キロ、さらに100キロのときもありました。これだけの距離を歩いていると、下記のようにどんどん風景が移り変わっていきます。

舗装道路

砂利道

登山道

道なし!(山の中)

舗装道路と砂利道まではまだ良しとしましょう。

容赦ないのは登山道、そして道のない山の中! 本当に容赦ありませんよね。移動は真夜中で、ライト禁止の状態。

行軍15キロ辺りからかなりの疲労も襲ってきます。

そんな状態で歩いているもんだから、地面がどんな地形をしているのかなんて、足をつくまでは分かりません。

大きな石があったり、木の根がボコッと出てたり、穴があったりと、真夜中の大自然はとにかくストレスを与えてくるわけです。

そのため小さな障害物があるたびにこう感じることに。

イライラ、イライラ、イライラ・・・。

発狂も絶叫もできず、ただただ黙々と歩き続けるのみ。山地移動中はずっとこんな感じでした。

ここへワースト第2位が追い打ちをかけてくるんですね。

第2位:睡魔との戦い

何度もお伝えしておりますが、行軍は夜間に行われます。

人という生き物は:

・暗くなったら眠くなる
・疲れ切ったら眠くなる

これが人間のあるべき姿でしょう。

ところが行軍は上記のあるべき姿を完全無視してくるんですよ。ホント、人間の尊厳ってどこへやら。

あれれ?俺のビールはどこへいった?

さて、夜間のライト使用は禁止なので、真っ暗な山の中では前を歩いている隊員の「ボワッと見える影の輪郭」「音」を頼りに歩き続けることになります。

上下に揺れる輪郭をジッと見て、徒歩の音を聞き続けていると、それらがだんだんと子守唄に変わっていくことに。

そのうち・・・。

あれ!?なんで俺は居酒屋でビールを?ま、いいか~、いただきまーす。

ドンッ!

前を歩く隊員の大きなリュック(背嚢・はいのう)にぶつかってハッと目覚めるんです。

そう、疲労困憊と真夜中という暗闇のため、いつの間にか眠り込んでしまうんですね。

なんと夢を見ながらも歩き続けるんですよ! 居眠り運転ならぬ居眠り行軍。

夜間はずっと同じことが繰り返されることになる・・・。

でもキツさはここで終わりではありません。さらなる追い打ちをかけてくるから行軍はたまったものじゃない。

第1位:肩に食い込む荷物の重み

行軍は陸自における戦闘訓練のひとつ。

そのため手ぶら・身軽で歩くわけではありません。銃を含む完全武装で、さらに重い背嚢(はいのう・大型リュック)を背負う。

この背嚢がクセモノ。行軍が始まって30分くらいで「自己主張」してくることに。

背負いバンドが両肩にググっと食い込み、絶えず鈍痛が走る!

この鈍痛は味わった者しかわからない、としかいえません。学生時代に山岳部だった人や、本格登山が趣味の人なら納得いくのではないでしょうか。

自衛隊を去ってからひとつ思い出があります。

重い荷物を背負って歩くことに慣れてしまっていた私。ある日、私がたくさんの荷物を持っていたので友人が気を使ってくれ、私のリュックを背負ってくれました。

そんなに重くしたつもりはなかったのですが、その友人は数分で「ギブアップ」って言いました。笑

さて、話をもどしましょう。

わあ~!空を飛んでいるようだ

行軍中は休憩がちょくちょくあるんです。

貴重な休憩時間になったら、真っ先に「クセモノ」の背嚢を下します。

そのときの解放感といったら!

肩に食い込んだ背負いバンドがなくなり、肩の筋肉に再循環する血液を本当に感じれるくらい。

さらに自分の体重を感じなくなるんですよ。フワフワと空中に浮いている感じといいますか。

あの一瞬だけは最高のご褒美。

と、同時に隊員たちは死んだようにバタバタと倒れだします。もう疲労困憊で、少しでも体を休めたいから。

数秒で眠りに落ちる経験をしたのはその時くらい。

そして休憩時間が終わりに近づくとまた、クセモノ背嚢を背負い、鈍痛に耐えながら黙々と歩き続けるのでした。

さいごに

以上が陸上自衛隊の訓練でも、もっとも隊員に嫌われている行軍のお話でした。

真夜中にライトもつけずに山の中を歩く。安全登山のルールを完全無視ですが、いざという時に国民を守るため、自衛官は日々「危険といえる」訓練を行っておく必要があるということなんですね。

まあ、自衛隊訓練のおかげか、登山が私の趣味となっていますが。

40代になっても体を鍛え続けているのは、あの自衛隊時代があったからだと、感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です